校舎のうらには天使が埋められている美少女演技で良さそうに見えて欠点作品だった案件

ブロンドツインテのマス気質にふらっと付いて赴きひめドル!!を手に取ったワケですが、近くで見たらイラストが微妙に思えました。でも味覚がある感情を感じたので、食わず嫌いはやめて置き、かりに本読みを初回だ。桐山??太郎という少年は高校生に入ったのですが、怪しい人ってすぐさま遭遇します。主人の建物は美室で、ライセンスがない桐山ちゃんは雑用を通していながらもおじいちゃんに憧れていたのです。ひとまず主人は理美学科へ入学として、無性に幅広い学内で迷子状態です。東京ドーム200個分の授業とか、もう意味がわからないクオリティですね。因みに敷地内には、全く住居みたいな大学生寮とか百貨店並みの買い込みビルなどがあるので、外へ掛かる無用事情とも言えます。桐山は教室にたどり着いて台で隣席の同級生を待っているという、そっちへやってきたのは不良の女上役でした。けれども、この人、割と普通にお辞儀とかしてきて、なんだか不思議な感じがしますね。次いで原則、この辺りではどこがひめドル!!なのか謎のとおり推移していました。Lunch日数、おんなじ講習のダディーから、不良の逆隣席にアイドルがいるという情報をゲットします。理美科の方々を見ると、皆精鋭みたいでエライ事例になっていました。例のアイドルは姿を見せないので、些か気になりますね。次いで桐山陣はアイドル科を見に行くといった、余りに心に響く歌声が聞こえて来ました。主人がおんなじ講習のアイドルだと思っていると、何気に波乱が待っていたのです。

コメントを残す